ワキガをすぐにどうにかしたいときにすること

気を使っているつもりでも、脇の臭いが外出中に気になることってありますよね。

そんな時に何をすればいいのかをまとめました。

1~4まで順番に実践してくださいね。

ワキガをすぐにどうにかしたいときにやること1.まずは汗を拭く

まずは脇の汗を拭きます。

濡らしたハンカチやタオルでしっかりと拭いてください。

人前で汗を拭くのは抵抗があると思うので、お手洗いなどで行うのがオススメです!

ワキガをすぐにどうにかしたいときにやること2.服を着替える

ワキガの臭いは脇から出るだけではありません。

洋服に汗と一緒にしみついてしまうこともあるんです。

脇をケアしても洋服部分に臭いが染みついていたらアウトなので、その場合は洋服を着替えるようにしましょう。

着替えをしたくない人は脇汗パットなどを日ごろから使用することをおススメします。

ワキガをすぐにどうにかしたいときにやること3.除菌する

脇の下が臭う原因は雑菌にあります。

ワキガの人はアポクリン腺から汗をかきますが、タンパク質など雑菌が好む成分がアポクリン汗腺にはたくさんあるので、汗となって皮膚表面に現れたときに、雑菌がすぐさま汗を食べにくっついてくるのです。

雑菌は汗を分解するときのニオイがワキガ臭なのです。

もちろん、雑菌は汗自体も好きですから、非ワキガ体質の人の汗にもよってきます。

なので、汗をかいたら除菌をすることを忘れないようにしましょう。

一度ついた雑菌をやっつけることと、雑菌をなるべくつかせないようにするのが臭いを抑えるポイントです。

ワキガをすぐにどうにかしたいときにやること4.デオドラントを使用する

汗でぬめっているときにデオドラントを使用しても、効果はなかなか現れません。

乾いた脇に使用しなければならないのです。

そのため、1と2と3が終わったらデオドラントを使用するようにしましょう。

このとき、デオドラントは“防臭”効果のあるものがオススメです。

デオドラントに除菌作用のあるものは3を飛ばしてもOKです!

汗が多い人は定期的に!

わきが体質の人は脇汗が多い傾向にあります。

汗をかけばせっかくのデオドラントも流れてしまい、雑菌が再度脇にくっついて悪臭を放つので、外出中でも定期的に1~4を行うようにしましょう!

ワキガをすぐにどうにかしたいときにやることまとめ

汗をこまめに拭きとって臭い対策をしましょう!

脇汗パットなどを活用すれば頻繁に着替えなくても済みますよ。

夏だけではなく、蒸しやすい冬などもきちんと対策してくださいね。