ゴシゴシ洗いでワキガに!?正しい体の洗い方

臭いを減らそうと思ってゴシゴシと力いっぱい肌を洗っていませんか?

実は、その行動がワキガを招いてしまっている可能性があるのです。

ゴシゴシ洗いはなぜ臭いを悪化させるのか、どうすれば臭いを悪化させない生活ができるのかをご紹介していきたいと思います。

強い力で肌をこすると何がいけないの?

肌の表面につく菌には「表皮ブドウ球菌」・「黄色ブドウ球菌」・「真菌」の3種類があります。

ただ、「表皮ブドウ球菌」に関しては、不快な臭いから肌を守ると言われているので、減ってしまうと臭いが強くなってしまいます。

しかし、強い力で肌をこすると「表皮ブドウ球菌」がなくなってしまうのです。

もちろん「黄色ブドウ球菌」・「真菌」も減りますが、「黄色ブドウ球菌」・「真菌」は肌に残った石鹸などを餌に繁殖できるので、「表皮ブドウ球菌」だけが減ってしまうという現象が起こります。

そうすると、不快なにおいを抑えてくれる菌がいないので臭いが強くなってしまうというわけです。

洗い過ぎるとワキガの原因である皮脂がたくさん分泌される

また、体を洗い過ぎるとワキガの臭いを強くする「皮脂」がたくさん分泌されると言われています。

皮脂は、肌に潤いを与えるという良い働きをする反面、常在菌のエサになるので、菌を集めて悪臭を放つ原因となります。

菌が集まることでワキガの臭いが強くなってしまうのです。

ワキガ対策の洗い方

わきが対策をするなら、「優しく洗ってしっかり流す」がベストです。

どのように体を洗えばワキガ対策となるのかをご紹介していきたいと思います。

まず、体を洗うタオルは柔らかいものを選びましょう。

ナイロンではなく木綿がオススメです。

タオルでまずはよく石鹸を泡立てることがとても大切!

そして、泡で肌を洗っていくようにしてください。

最後に、体を洗った後はしっかりと流すようにしましょう。

体を洗うのにかかった時間の2倍ほどをかけてしっかりと洗うことで、菌の餌を洗い流すようにしてくださいね。

ゴシゴシ洗いでワキガに!?正しい体の洗い方〜まとめ〜

ついついゴシゴシと体を洗ってしまう気持ちはとても良く分かります。

しかし、そのゴシゴシが臭いを強くさせてしまっているのかもしれません。

今回の対策を参考に、正しく体を洗ってワキガ対策をしましょう。